ゴッホ

〓〓〓.jpg

自分の耳を切り落としたことは有名な話です。
自分を徹底的に追い込んでしまう性格ではないでしょうか。
作品は非常に温かく感じますが。


ポスト印象派の代表的画家である。様式的には印象派に負う所が多いが、表現主義・象徴主義的側面も多分にあり、何れにも範疇化される事がある。現在でこそ極めて高い評価を得ているが、不遇の生涯を送っており、生前に売れた絵はたった1枚『赤い葡萄畑』だけであった。それでも生活していけたのは弟テオドールの援助があった為である。

生涯
1853年3月30日にオランダ南部のズンデルトに生まれる。祖父、父共に牧師だった。性格は激しく、家族を含め、他人との交流に難を抱えていた。

1869年から美術商として成功していた伯父の伝手でグーピル商会に勤め、熱心に働く。また1872年からは兄弟の中でも唯一気の合うテオと文通を始める。この文通は何度か途切れるが、20年に亘って続けられる。商会のロンドンやパリの支店に勤めるが、失恋により失意し、美術商への熱意を失う。あまりに悪い勤務態度の為、1876年に商会を退職させられる。

牧師を目指し貧しい人々の為に、自らも貧民のような身形で献身的に活動を行うものの、あまりにみすぼらしい有様が牧師らしくないとされ、1879年に伝道師の仮免許を剥奪される。暫く炭坑に留まり伝道の補助を行う。

1880年に画家となる事を決心し、ブリュッセルでデッサンの勉強を始める。1881年に実家に戻り、両親と暮らし始める。自宅に画室を作り、27歳で画家となる。義理の従兄弟にあたる画家アントン・モーヴにも指導を受ける。


耳を切った後に描かれた自画像(背後には浮世絵が飾られている)1889 Courtauld Institute of Art Galleryポール・ゴーギャンと南フランスのアルルで共同生活をする(他に十数人の画家の仲間達を招待していたが、来たのはゴーギャンだけだった)が不和となり、ゴーギャンに「自画像の耳の形がおかしい」と言われると、自らの左の耳朶を切り取り、女友達に送り付ける等奇行が目立ち、自らサン=レミ=ド=プロヴァンスの精神病院に入院する。

1890年7月27日にパリ郊外のオーヴェル・シュル・オワーズで猟銃で自殺を図り(自殺するには難しい銃身の長い猟銃を用いた事や、腹部に銃創がある事から、不審者を恐れた住人に撃たれたと考える研究家もいる)、2日後に死亡した。死ぬ前日には弟に自らの芸術論等を滔々と話していたという。

絵と文の出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| 油絵

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。